• ホーム
  • フラジールは膣トリコモナスに使用できる

フラジールは膣トリコモナスに使用できる

メトロニダゾールは、肺や肝臓など複数の膿瘍の治療に用いられている抗菌薬ですが、膣トリコモナスにも使用できる抗原虫薬でもあります。メトロニダゾールは、元々酸素を嫌う嫌気性単細胞寄生原虫トリコモナスを駆除するために開発された医薬成分であり、元法定伝染病の赤痢を引き起こす赤痢アメーバや腹部のケイレンを伴うジアルジア症を引き起こすランブル鞭毛虫などの嫌気性原虫に高い殺虫作用を発揮します。現在では、アモキシシリンとクラリスロマイシンによる第1次除菌治療で除菌できなかったヘリコバクターピロリ菌の第2次除菌治療に用いられており、除菌率約90%以上とヘリコバクターピロリ菌には効果的な抗菌薬です。日本国内では、安全性が確保され信頼性の高い医薬成分とされ、フラジールやアネメトロの商品名で製造販売されています。

メトロニダゾールは、ニトロイミダゾール系抗生物質であり、他の抗菌薬に比べて病原原虫や病原細菌に耐性を獲得させにくいのが特徴です。メトロニダゾールは、肝臓で薬剤代謝後トリコモナス原虫に取り込まれ窒素と酸素で構成されているニトロ基から酸素が取り去られる還元反応によって活性されるプロドラッグであり、病原原虫のDNAの生合成を阻害する作用を持つニトロソ化合物に変換される医薬成分です。ニトロソ化合物は、トリコモナス原虫の体内でDNAやRNAなどの高分子と結合する特性があり、結合することによりDNAの生合成を阻害します。ニトロソ化合物は、酸化反応で活性酸素の中で最も酸化力の強いヒドロキシルラジカルを副産物として生合成し、ヒドロキシルラジカルは活性酸素の中で最も反応性が高いのでDNAと反応し一本鎖もしくは二本鎖を切断する医薬成分です。DNAを切断されたトリコモナス原虫は、1週間程度で孵化する卵を産めないだけでなく生存自体が不可能となり、メトロニダゾールは膣トリコモナスなら7日間?10日間程度の治療で完治させます。

フラジールは、服用後肝臓で薬剤代謝されるもののトリコモナス原虫内で薬剤活性するので感染患者の細胞には医薬効果が及ばず、比較的副作用が少なく安全性が高い抗原虫薬です。フラジールは、ヘリコバクター・ピロリ菌の第2次除菌治療に用いられている信頼性の高い抗菌薬でもあるので胃の不快感や食欲不振など消化器官関連の軽度の副作用を発症することがあり、体質によっては下痢や腹痛が続く感染患者もごく稀にいます。また、高用量や長期の服用は末梢神経障害や中枢神経障害の発症リスクを高め、後頭部から顎背部までが硬直する無菌性髄膜炎や激しい腹痛を伴う膵炎などの重篤な副作用を発症することもある治療薬です。

フラジールは、基本的には医療機関の医師が書いた処方箋が購入時に必要な処方箋薬ですが、個人輸入を代行する通販サイトでも購入が可能です。フラジールは、処方箋薬なので用法用量に従って1回の個人輸入で1カ月分しか購入できませんが、薬監証明の申請も不要なので簡単に購入できます。インターネット上には、個人輸入を代行してくれる通販サイトが数多くあるので必要に応じて購入でき、国内の医療機関で処方して貰うよりも安価で経済的にも助かります。