• ホーム
  • バルトレックスを服用した際の危険な副作用を調査してみた

バルトレックスを服用した際の危険な副作用を調査してみた

色々な薬

バルトレックスは、比較的安全性の高い抗ウイルス薬ですが、重篤かつ生命を危険にさらす副作用を発症することがあります。副作用には、呼吸困難と血管浮腫などを引き起こすアナフィキラシーショックや口内炎と皮下出血などを発症させる重篤な血液成分の異常に加え、全身の表皮と真皮が分離し死亡率が20%?40%ある中毒性表皮壊死症や全身の血管で血液凝固が発生する播種性血管内凝固症候群など生命を危険にさらす重篤な副作用をごく稀に発症します。バルトレックスは、アシクロビルの再結晶による急性腎尿細管間質障害だけでなく光線過敏症を発症することがあり、光線過敏症は紫外線に対して免疫システムが反応することで皮膚に異常反応を引き起こし水疱や紅斑、炎症などの症状を発症する抗ウイルス薬です。バルトレックスは、服用後肝臓でバラシクロビルからアシクロビルに薬剤代謝されるので肝臓への負担があり、皮膚と白目が黄色くなる黄疸や排尿が茶褐色になるとともに食欲不振や発熱症状を伴う重篤な肝機能障害を引き起こすこともあります。

バルトレックスは、服用したバラシクロビルの40%?50%が腎臓から排泄するので腎臓に負担をかけることが多く、腎臓機能の低下している高齢者や腎臓に障害を抱える患者は排尿量の減少からのむくみや老廃物の排泄が滞るに起因する全身の倦怠感などの副作用を引き起こす急性腎不全を発症する危険が高いので注意が必要です。バルトレックスは、服用による下痢症状や食欲不振などによって体内の水分が減少し脱水症状に陥ると肝臓で代謝されたアシクロビルが腎臓で高濃度となる事があり、アシクロビルは溶解度を超える高濃度になると再び結晶する特性があります。アシクロビルは、ブドウ糖などの養分を再吸収する糸球体から排尿を行う集合管に至る直径20μm?30μmの非常に細い腎尿細管で再結晶することが少なくなく、再結晶したアシクロビルは複数の細尿管を塞ぎ急性腎尿細管間質障害などの急性腎不全を引き起こす事があります。その為、バルトレックスを服用する際や服用中は脱水状態に陥らないようにできる限り水分補給を心がける必要があり、服用中は夏の炎天下や激しいスポーツなどを極力避けて水分の消費を抑制することが重要です。

購入には専門医の処方箋が必要不可欠な処方箋薬ですが、厚生労働省の医薬品等の個人輸入に関する規制緩和によって個人輸入を代行する通販サイトでも購入が可能です。バルトレックスは、劇薬または処方箋薬に分類されることから1回の個人輸入で用法用量に基づく1カ月分の購入が可能であり、規制緩和により薬監証明とも呼ばれる医薬品等輸入報告書を発給の必要もありません。個人輸入は、国内の医療機関で処方されるバルトレックスの薬価に比べて販売価格が割安に設定されており、国内で購入するよりも通販サイトで購入した方が経済的負担が軽減できます。バルトレックスは、2013年12月に医薬成分に関する特許期間が切れたので国内外の製薬メーカーからジェネリック医薬品が数多く製造販売されており、通販サイト上にはさらに割安な価格設定のジェネリック医薬品が数多く販売されています。