• ホーム
  • アンピシリンは感染症の治療に用いられる抗生物質

アンピシリンは感染症の治療に用いられる抗生物質

アンピシリンは、肺炎や感染性腸炎などの感染症の治療に用いられているだけでなく、子宮内感染や中耳炎など広い適応症を有するβラクタム系抗菌薬です。βラクタム系抗菌薬は、病原細菌の細胞壁の主要構成物質ペプチドグリカンの生合成を抑制することで強力な殺菌作用を発揮する治療薬ですが、ペニシリン系抗生物質だけでなくセフェム系抗生物質やカルバペネム系抗生物質など計5種類があります。セフェム系抗生物質は、黄色ブドウ球菌や肺炎レンサ球菌などのグラム陽性菌に強い抗菌作用を発揮するセフロキサジンやセファクロルなどの第1世代から第4世代セフェピムまで医薬成分の種類が多く、世代が増すほど抗生物質が効きにくい緑膿菌などのグラム陰性桿菌への医薬効果が強いのが特徴です。カルバペネム系抗生物質は、院内感染を引き起こす多剤耐性細菌の多くに高い医薬効果を発揮するβラクタム抗菌薬ですが、経口投与ではなく静脈注射で投与されます。ペニシリン系抗生物質には、第3世代のアモキシシリンやアンピシリンなどがあり、ペニシリン代謝物が生体内タンパク質と結合することでアレルゲンに変化するペニシリンショックと呼ばれる副作用を発症します。

アンピシリンは、病原細菌の細胞膜のペニシリン結合タンパク質と競争的に結合し、細胞壁の主要構成物質のペプチドグリカンの生合成を抑制する治療薬です。アンピシリンは、核となるβラクタム環の立体構造がペプチドグリカンの前駆物質であるD-アラニンD-アラニンと酷似しており、ペニシリン結合タンパク質がβラクタム環と誤って結合する作用秩序でペプチドグリカンの生合成を阻害します。また、ペプチドグリカンの前駆物質の生合成を促進するペニシリン結合タンパク質酵素の活性化を阻害することでペプチドグリカンの生合成量を抑制し、アンピシリンは細胞自体の浸透圧に耐えられないほど細胞壁を薄く弱くすることで自壊させる殺菌効果を発揮する治療薬です。アンピシリンとアモキシシリンは、同じペニシリン系抗生物質なので作用秩序や医薬効果もほとんど同じとされていますが、アンピシリンは院内感染や放線菌症などアモキシシリンよりも適応症が広くなっています。

適応症が広く抗菌作用が強いので腸内細菌に悪影響を及ぼすことも少なくなく、体質や体調によっては腸内細菌のバランスが乱れたことにより下痢や軟便などの胃腸関連の副作用を発症することがあります。アンピシリンは、ペニシリンショックを発症することもあるので発熱を伴うじん麻疹を発症するだけでなく、四肢の痺れや呼吸困難など生命の危険があるアナフィラキシーショックを発症することもある医薬効果の高い治療薬です。アンピシリンは、側腹部痛や排尿困難などを伴う急性腎機能障害に加え、赤血球が破壊される溶血性貧血や激しく痛む大腸炎などの重篤な副作用を発症する危険性があるので定期的に専門の医療機関で検査する必要があります。