薬を飲んでいる男性

バルトレックスは、ヘルペスだけでなく幼少期に罹患する水痘や帯状疱疹などの感染症に非常に有効な抗ウイルス薬とされ、比較的副作用の発症頻度が低いだけでなく重篤な副作用の発症リスクが低いDNAポリメラーゼ阻害薬です。
しかし、身体機能が低下している高齢者や既往歴のある患者は重篤な副作用を発症するリスクのある治療薬ですが、使用前に用法用量を守り担当医師や専門の医療機関の医師の指示に従えば安全性の高い治療薬とされています。
バルトレックスは、DNAポリメラーゼ阻害薬バラシクロビル塩酸塩を主成分とする抗ウイルス薬であり、バラシクロビル硝酸塩はDNAポリメラーゼ阻害薬ゾビラックスの主成分アシクロビルの分子骨格に必須アミノ酸のバリンを付加させたプロドラッグです。
バルトレックスは、プロドラックのバラシクロビルを主成分としたことでペンシクロビルやファムシクロビルなどの従来の治療薬に比べて副作用の発生頻度や症状が軽く、2017年9月に新しく発売された帯状疱疹用の新薬アイナメビルと比べても副作用の発症頻度に大きな違いがなく安全性が高い抗ウイルス薬とされています。
バルトレックスは一般的には病院処方となっていますが、近年では病院に行く時間や手間があることから個人輸入サイトで購入される方も増えているようです。
またサイトによっては、バルトレックスを通販すると即日発送されるところもあるので早く欲しい方は調べてみるとよいかもしれません。

バルトレックスは、服用後肝臓でバラシクロビル硝酸塩が薬剤代謝されて必須アミノ酸のバリンとアシクロビルに分解され、アシクロビルがウイルス由来のチミジンキナーゼと細胞内キナーゼにリン酸化されアシクロビル3リン酸に変換されるDNAポリメラーゼ阻害薬です。
アシクロビル3リン酸は、ヘルペスウイルスが増殖する際に必要不可欠なデオキシグアノシン3リン酸と酷似しているので酵素DNAポリメラーゼの働きによってウイルスDNAに取り込まれ、デオキシグアノシン3リン酸と置き換わることで正常なDNA複製を阻害することでDNAの伸長も抑制する医薬効果を発揮する有効成分です。
バルトレックスは、ヘルペスウイルスの増殖や生存に必要不可欠なDNAの伸長や複製を抑制することで水ぶくれやリンパ節の腫れなどのヘルペスの諸症状を緩和改善し、悩ましい再発を抑制する医薬効果も発揮します。
バラシクロビルは、医薬効果や自己免疫力が高く生存に不向きな体内環境時に環状DNAを形成して休眠状態に入るヘルペスウイルスに対しても有効とされ、最長1年にも及ぶ再発抑制治療に用いられているほど副作用が少ない抗ウイルス薬として国内外の医療機関で投与されています。

バルトレックスは、原則的にDNAポリメラーゼの働きによってヘルペスウイルス細胞内だけでアシクロビルが活性化するので、感染患者の正常な細胞には理論上医薬効果を及ぼさないので比較的副作用が少なく安全性が高い抗ウイルス薬です。
しかし、強い医薬効果を発揮するので頭痛や眠気といった副作用を発症する患者も多くおり、吐き気や下痢などの胃腸関連の副作用だけでなく発疹や水ぶくれなどの皮膚関連の副作用を発症することがある治療薬です。
バルトレックスは、必須アミノ酸バリンを付加したバラシクロビルを主成分としたことで医薬成分を吸収する小腸の吸収率が飛躍的に向上し、医薬成分の吸収率が向上しただけでなく全身に医薬成分が到達する割合を示すバイオアベイラビリティがゾビラックスに比べて約3倍〜約6倍まで高められました。
そのため、患者の体質や体調などに起因して治療に必要不可欠な血液中の濃度を大きく超えてしまう事態も少なくなく、過剰に上昇した医薬成分濃度は精神症状を誘発しやすくなるので使用前に用法用量もしくは担当医師の指示を確認する必要があります。
過剰な医薬成分濃度は、脳の中枢に影響を与えるので精神症状を発症しやすく妄想や幻覚などの比較的軽度の精神症状だけでなく、四肢の痙攣や意識レベルの低下などの重篤な精神症状を発症することもある抗ウイルス薬です。

記事一覧
アモキシシリンは性病以外にも使える! 2019年10月22日

アモキシシリンは、淋菌や梅毒トレポネーマなどの性病に良く効くペニシリン系抗生物質ですが、性病だけでなく肺炎を引き起こす肺炎球菌や下痢を引き起こす大腸菌に加え、胃...

ジスロマックの主成分アジスロマイシンの効果とは 2019年10月19日

アジスロマイシンは、タンパク合成阻害薬ジスロマックの主成分であり、グラミジアや淋病などの感染症に効果的な抗菌剤です。病原菌は、生存や増殖に必要不可欠なタンパク質...

バルトレックスは長期服用しても大丈夫? 2019年10月17日

バルトレックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスの治療ではバラシクロビルの力価で500mgを1日2回の服用を5日間継続し、帯状疱疹の治療ではバラシクロビルの力価で1...

バルトレックスを服用した際の危険な副作用を調査してみた 2019年10月14日

バルトレックスは、比較的安全性の高い抗ウイルス薬ですが、重篤かつ生命を危険にさらす副作用を発症することがあります。副作用には、呼吸困難と血管浮腫などを引き起こす...